子供のお手本になる

子どもは親をよく見ています。

生まれたばかりの子どもや歩き出して間もないの子ども。

関わる大人は、ごく一部です。
限られた大人たちです。

子どもの世界はまだまだ狭く限定されています。

小さな子ども達は、よくまねをします。
言葉もまねから入っていくでしょう。

「子どもは親の鏡」と聞いたこともありますよね。

親や子どもにかかわる大人は、お手本になるような言動を心がけましょう!

私自身もそのように心がけようと思ってます。

子どもは、親の口癖をまねるものです。
話っぷりが、親に似ている!

感じることもあります。

良くも悪くもいろいろと吸収します。
すぐにお話ができないような、小さな子どもでも
しゃべりだす頃は「なんだかママ(パパ)に似ているな」
と思うことがあります。

親だけではなく
テレビやYouTubeなど、さまざまな子どもの身の回りにあるものから
言葉を吸収します。

行動までまねします。
例えば、マイナスな行動で

たたく、ぶつ、ける
など【虐待】となることも、残念ですが、子どもはまねします。

それが親からではなく、テレビやお友達から影響されても

「親のまね」をしている。

と思われてしまいます。

反対に、親から愛情いっぱいに
優しい言葉をかけられて育った子どもなら
そのまま優しい子になるでしょう。

たたく、ぶつ、ける

の概念がそもそもありません。

「うちの子はお話を聞かない!」

もしお悩みなら
まず、お手本を示すといいです。

《子どもの話をよく聞いてあげる》

簡単なことですが、忙しいときは
ついつい、子どもと目を合わせずに
「はい、はい」

上の空で聞くことがあります。

子どもは一生懸命に、お話をしてくれたら
目線を合わせお話を聞いてあげるといいでしょう。

参考情報:子どもと関わる仕事

お話を聞いてくれたら、きっとお話をすることが楽しくなるでしょう。
そして、相手のお話も聞いてくれるでしょう。

子どもがお話を聞いて
と、近くに来てくれた時

「今、忙しから、あとでね。」

と、言ったなら
用事が済んで、落ち着い時に
子どもの話を聞いてあげるといいです。

(できるなら、最初の聞いて欲しい瞬間を大切にするといいです。)

そして「あとでね」
と、一度口に出した「約束」は必ず守ってあげてください。

約束を守る
というお手本を見せてあげることです。

大人は、子どもの良いお手本になりたいものですね!

親のやっていることを真似しない

親というのは当然自分の親も居る訳で、母親がよく自分の親もそうさせたからという事を正当化して、今成人してもおかしいと思う事を、なんの疑問もなくやっているというのはどうか?と思うからです。そういう思考で教育するというのを避けています。例えばすぐ暴力を振るうというのはよくないと思っています。ではなぜそうなのか?論理だてた思考が無くなります。暴力で解決すればいいという発想は、これは絶対よくないと思います。こうした事を母に問い詰めると理屈っぽいやらなにやらで認めようとしません。勿論、悪い事をした場合には罰は必要です。しかし、なんで悪いのかという事を子供に理解をさせるという事は重要な筈です。勿論、それでも改善しない場合も勿論あります。これは大人社会でも同様ですが、犯罪こう回数を重ねれば裁判所も反省がない、度合いが低いなどの評価になります。そしてより重い刑罰を科すというのはあります。

そうした解決ではなく感情のままに暴力を振るって言い訳もありません。するとどうなるのか?暴力が怖くて嘘をつくようになります。これではかえって問題が大きくなります。基本的に自分に都合の悪いことは包み隠したいというのは大人社会でもあります。しかし、誠実に解決を図る事が重要など、その理解をさせる事が重要な訳です。自首したのと、逃げ回って捕まってしまったのとでは訳が違います。勿論、悪い事をしない事にこしたことはありませんが、人間は罪を犯します。それは意図しなくてもなるかもしれません。しかし悪い事をしたあと如何に正直になるかも重要です。

また、なぜそういうことになったのか?という原因究明も必要となります。こういう事をただ暴力を振るったり、子供の言い分も聞かずに処罰を与えるというのは私はおかしいと思っています。悪質な態度ならそれなりに理由を明確にして処罰する。論理だてるということを自分は、問題を起こす以上に大事にしているという事です